• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

Blog

2021/08/23 16:26

こんにちは、tok botanic です。

今回は、私たちの生活を“豊かに“幸せに誘うことで知られる植物をご紹介したいと思います。

 

 

まずご紹介するのは、縁起物として知られる「南天(ナンテン)」です。

真っ赤な実をつける南天の木はご存知の方も多いのではないでしょうか。その実がお正月の飾り物や慶事の祝い事などによく用いられます。

昔から南天の木には邪気を払う力が宿っていると言われ、鬼門対策として植える伝統があります。

 

 

次は、精霊が宿る多幸の樹「ガジュマル」です。

真っ赤な髪で子どもの姿をしたキジムナーという精霊が棲むと言われています。キジムナーは多くの幸せをもたらすとされ「多幸の樹」と呼ばれているのです。

お誕生日や結婚のお祝いなど、門出に贈るグリーンギフトとして人気の植物です。

 

 

こちらの「カラテア」は、葉にさまざまな形や色、模様がある美しく人気の高い観葉植物です。写真は、刷毛で描いたような赤やピンクの模様が特徴的なレッドモジョになります。 

風水では「邪気」を払う効果があると言われる「カラテア」。丸い葉は良いエネルギーを引き寄せ、空間をポジティブに保つことで知られています。

 

 

最後は、皆さまご存知のフラワーアイテム「リース」です。ドアや玄関などに飾られますが、もともと魔除けのために入り口に飾ったと言われています。ヨーロッパや北アメリカでは、古くから幸運を呼び込むとされ、また、リースの輪は再び戻るという意味を持つため、永遠不滅につながる幸せのお守りとされています。 

 

いかがでしたか? その由来や風水的な意味を知ると面白いですよね。うんちくを抜きにしても、植物を飾ると心が癒され、見た目もオシャレで気分がアップ! 気持ちよく毎日を過ごすことで自然と運気もアップしていくのだと思います。

ぜひお気に入りの植物やアイテムを見つけて取り入れてみてください。

 

 
 
 

tokbotanic
東京都千代田区九段南1-5-6りそな九段ビル 5F
E-mail:studio@tokbotanic.com